« 〔今日のおまけ〕六本木ヒルズでも開催!ドイツのクリスマスマーケット(アーヘン・モンシャウ編) | トップページ | 〔今日のおまけ〕ストラスブールのレストラン、ラ・メゾン・カメルツェル »

2007-12-03

クリスマスツリー発祥の地!ストラスブールに行きました

Strasbourg01_2ヨーロッパではいよいよ本格的なクリスマスシーズンになってきました。日本ではヨーロッパのクリスマスマーケットを巡るツアーが人気らしいですね。ヨーロッパでは11月の下旬からクリスマスにかけてクリスマスマーケットが開催されます。
特にクリスマスマーケットで有名なドイツでは、クリスマスマーケットは一年を締めくくる最も大切なイベント。
17世紀のドイツで、キリスト教の国にとって1年中で最も大切な行事であるクリスマスに備えて必要なものを人々が広場に持ち寄って、交換したのがクリスマスマーケットの起源だそうです。
そしてフランスで一番有名なクリスマスマーケットは、フランス北東部、ドイツ国境近くのアルザス地方のものです。

キッシュ・ロレーヌで有名なロレーヌ地方の隣にあるのが、アルザス地方です。今回はブリュッセルから車で5時間弱のアルザスの中心都市ストラスブールのクリスマスマーケットに行ってきました(写真は昼間のクレベール広場。アルザスはドイツ領だったこともあり町には木組みの建物が多いので、ドイツのようなフランスと言われています)。

クリスマスにもみの木を飾る風習はアルザス地方から始まったそうです。

ストラスブールは「道の駅」という意味です。古くから南欧とドイツ、オーストリアを結ぶ街道の要衝で、ゲーテもこの街を通ってイタリアを目指したそうです。
Strasbourg76 リル川に囲まれた旧市街はプティット・フランス(小フランス)と呼ばれてこのエリアは、世界遺産になっています。昔このエリアにフランスの病院があって、フランス人の往来が多かったことからこの名前がついたそうです。
Strasbourg77プティット・フランスにはいくつかクリスマスマーケットがありますがそれぞれがこじんまりしていて風情があります。



Strasbourg79木組みの家の置物。
Strasbourg06ヴォージュ山地から切り出した赤色の砂岩を使って建てられた全長110メートルのバラ色のノートルダム大聖堂。



Strasbourg15ライトアップ後の黄金色に輝くノートルダム大聖堂。ストラスブールの大聖堂は、パリのノートルダム大聖堂とは違い1本の尖塔がまっすぐ天に伸びているのが特徴です。
Strasbourg20堂内はシャルトルの大聖堂にも匹敵するオリジナルのステンドグラス、タペストリー(壁掛けなどに使われる室内装飾用の織物)、16世紀の精巧な天文時計、数多い彫刻群など見ごたえがあります。フランス各地でいくつかノートルダム大聖堂を訪れましたが、その中でも気に入った大聖堂です。今回はじっくり見学する時間がなかったので、次回ゆっくりみたいと思います。
Strasbourg41濃い色のステンドグラスが綺麗。写真はないのですが、黄色を基調したバラ窓には目を奪われました。
Strasbourg02天使のイルミネーション。













Strasbourg03マリー・アントワネットが伝えたといわれるアルザスの伝統のお菓子“クグロフ”の型。
Strasbourg11アルザス名物のコウノトリグッズはいたるところでみかけます。
Strasbourg09大聖堂前のクリスマスマーケット。
Strasbourg04クリスマスツリーに飾るオーナメント。






Strasbourg05昨年訪れたドイツのクリスマスマーケットのオーナメントと比べるとやはりフランスならではの軽快さと華やかを感じます。
Strasbourg18でも、ドイツのクリスマスマーケットで売られていたオーナメントの方が、ドイツ人気質の精巧さが感じられました。クリスマスマーケットにもお国柄が反映されていますね。


Strasbourg08昨年訪れたドイツのクリスマスマーケット(モンシャウ・アーヘンの2ヶ所)に比べると、帽子のヴァリエーションは多く、また可愛らしいものが多かった気がします。
Strasbourg07一番可愛いと思ったのはこの帽子。チャーミングですね。





Strasbourg14ドイツの影響を受けながら、フランスの華やかさもあるお菓子。
Strasbourg16働いている人のシャツの柄がアルザス風です。






Strasbourg19ドイツのクリスマスマーケットと違うのは、このハチミツやスパイス入りのホットオレンジジュースとホット白ワイン(ドイツのホットワインは赤ワインのみです)でした。ホット・オレンジジュースは意外と美味しかったですよ。体が温まりますし、お店ごとに味が違うので、色々試してみるのも楽しいです。
Strasbourg23通りごとにイルミネーションが違うので、散策が楽しいです。
Strasbourg22_2クリスマスマーケットが大小関わらずいたるところにあります。どの通りも大混雑です。
Strasbourg30素敵なイルミネーションが、寒さを忘れさせてくれます。











Strasbourg58圧巻なのは、毎年恒例のようですが、バカラのシャンデリアのイルミネーション。
Strasbourg55暗くなる前はこんな感じでした。












Strasbourg56美しさにうっとりです。
Strasbourg57ブラックシャンデリアもあります。












Strasbourg42フランスで一番大きいクリスマスツリーのあるクレベール広場へ。
Strasbourg53クリスマスツリー発祥の地にふさわしい、立派なもみの木。












Strasbourg59クリスマスツリーの下にはスノーマンがウィンタースポーツを楽しんでいました。
Strasbourg43ギャルリー・ラファイエットのイルミネーション。






Strasbourg52ドイツとフランスのクリスマスマーケット、それぞれの良さがあってどちらも好きですが、ストラスブールのクリスマスマーケットは食べ物、飲み物のヴァリエーションも多く、やはりフランスらしい華やかさがありました。
以前はパリから列車で片道4時間以上もかかった様ですが、今年TGV東線が開通したのでパリから2時間ちょっとで来られるそうです。

<関連記事>

ストラスブールのクリスマスマーケットと世界遺産・ストラスブール大聖堂

ストラスブールのスイーツ!クリスティアンとティエリー・ミュロップ

ストラスブールのレストラン、ラ・メゾン・カメルツェル

|

« 〔今日のおまけ〕六本木ヒルズでも開催!ドイツのクリスマスマーケット(アーヘン・モンシャウ編) | トップページ | 〔今日のおまけ〕ストラスブールのレストラン、ラ・メゾン・カメルツェル »

アルザスワイン街道の旅」カテゴリの記事

ヨーロッパのクリスマス」カテゴリの記事