« 〔今日のおまけ〕ストラスブールのレストラン、ラ・メゾン・カメルツェル | トップページ | 六本木ヒルズでも開催!ドイツのクリスマスマーケット(ミュンヘン編) »

2007-12-06

ストラスブールのスイーツ!クリスティアンとティエリー・ミュロップ

Strasbourg12_2 大聖堂の近くにある老舗のお菓子屋さんクリスティアン(Christian)のクリスマスの飾りつけ。
Strasbourg63皆老舗のクグロフの前で立ち止まります。





Strasbourg69小さいクグロフがなんとも可愛らしいです。
Strasbourg67クリスティアンは朝食で有名です。2階のサロン・ド・テ(ティールーム)で朝食を頂けます。窓側の近くにはケーキのディスプレイ。

Strasbourg621階の店舗の奥に、2階のサロン・ド・テへの階段があります。知らないとなかなか見つけられない、隠れ家のような印象。静かで落ち着いた雰囲気です。
Strasbourg66朝食のセットもありましたが、有名なクロワッサンとクグロフを頂きたかったので、単品で注文。クロワッサンは、期待しすぎていたせいかもしれませんが、それほど凄い印象はありませんでした。でも、確かに皮はパリパリしていて、十分美味しいものでした。
Strasbourg64美味しかったのは出来立てのクグロフ!軽いのですがパサパサ感はなく、しっとりとしているのですが重すぎず、パサパサとしっとりの中間の、まさに絶妙(!)な食感でした。控えめな甘さもあって、これは本当にいくつでも食べられそうでした。
Strasbourg73ショコラショー(ホットチョコレート)も、クリスマス限定のものがあったのでそちらをオーダー。シナモンやジンジャーなどのスパイスが入っていて体が温まりました。たっぷり2杯分はあるのですが、お砂糖を入れなければ甘くないので、しっかり頂けます。
Strasbourg681階でショコラ(チョコレート)を買いました。





Strasbourg85パッケージは老舗らしく落ち着いた感じです。
Strasbourg86小さめのショコラもありましたが、今回購入したのはおそらく主力商品の大き目のショコラ。
見た目に反して甘くなくカカオが利いていて美味しかったです。右手前はマロングラッセ。今はマロングラッセの時期なので、クリスティアンでも買いました。日本でよく売っているフレッシュではないマロングラッセよりはずっと美味しいですが、ちょっと甘さが強いのと、栗自体がしっとりとしていなかった印象でした。
Strasbourg34クリスティアンから5分ほど歩いたところにあるティエリー・ミュロップ(Thierry Mulhaupt)。彼はアルザスのパン屋さんで生まれ育ち、パリのダロワイヨなどの有名店での修行を経て、故郷アルザスに戻り1991年にお店をオープンしたそうです。
今年の1月に東京で開催されたサロン・デュ・ショコラ(Salon du Chocolat)(2008年は1月23日から28日まで伊勢丹新宿店で開催)にも参加されていたそうですね。
Strasbourg75もちろんクグロフもあります。






Strasbourg70手前のブリオッシュ、丸いシナモン味のブリオッシュ、クグロフを買いました。
ブリオッシュは普通に美味しかったですが、クグロフはブリオッシュと同じような生地で、クリスティアンのクグロフの方がずっと美味しかったです。
Strasbourg71キッシュ・ロレーヌとポワローねぎのキッシュはやっぱり本場ですね。とても美味しかったです。
Strasbourg72日曜日は午前中だけオープンしています。さすが地元で人気のお店だけあって、10時前に訪れたのですが、既にケーキが残り少なくなっています。
Strasbourg82クグロフ型のチョコムースとカスタードクリームのエクレア(チョコレートクリームのエクレアは人気なのか既に完売でした)。二つとも程よい甘さで美味しかったです。ヨーロッパのカスタードクリームのエクレアはかなりぼってりとした固めのクリームのものがほとんどですが、ここのものは軽いカスタードクリームでヨーロッパ在住者にとっては嬉しいエクレアでした。
Strasbourg35前日の夜に行ったティエリー・ミュロップの2号店エピス・エ・ショコラ(Epice et Chocolat)パン・デピス(スパイス入りのパン)とショコラの専門店です。
Strasbourg32_2パリにあっても違和感ないほどモダンな印象です。ここのパン・デピスはフランスでも有名らしいです。私はパン・デビスは特に好きではないので、買いませんでしたが、パン・デピス好きの人にはたまらない美味しさらしいです。日持ちがするので、日本へのお土産にいいですね。パリではラファイエット・グルメでも買えるようです。
Strasbourg83エピス・エ・ショコラ(Epice et Chocolat)で買ったもの。マロングラッセは中までしっとりとしていて美味しかったです。ショコラ風味のビールは、最初はブラウンビールのような味で、後味にカカオの風味がするものでした。
Strasbourg84このボックスで買うとショコラの説明書が付いています。説明はフランス語、英語、日本語で書かれていてわかりやすいです。オリーブオイル風味、バルサミコ酢風味、塩バター入り、四川省産胡椒風味、手前のクグロフのショコラはワインのゲヴェルツトラミネール入りです。
どれも一味変わっていながら、そんなにクセがなく美味しく頂けました。日本ではこのショコラが9個入りで3,150円だったそうですが、こちらではこの27個入り(2ケ所薄いショコラが2段になっています)で20ユーロちょっとだったと思います。
Strasbourg40アルザス・スイーツは全体的に甘さが控えめで、日本人の好みに合うものが多い印象でした。
Strasbourg24今回は時間の関係で残念ながら行けなかったのですが、クリスティアンとテュエリー・ミュロップと同じように有名なネゲル(Naegel)のスイーツは次回是非トライしたいです。



Strasbourg28クッキー、サンドイッチ、タルト、クグロフ・サレ(塩味のクグロフ)が絶品だそう。
Strasbourg38エピス・エ・ショコラのならびにあるワインショップ オー・ミレジム(Au Millesime)




Strasbourg36地元の人御用達で店員さんは感じがよく(英語が話せます)予算に合わせた良質なワインを勧めてくれます。買ったワインは年末年始のお楽しみにしています。
Strasbourg37さすが本場!オー・ド・ヴィー(フランス語で「生命の水」を意味し、果実を発酵または浸漬させて蒸留したフルーツブランデー)の種類も豊富でした。


クリスティアン(Christian)

10, rue Merciere
67000 Strasbourg

ティエリー・ミュロップ(Thierry Mulhaupt)
18, rue du Vieux Marche aux Poissons
67000 Strasbourg

エピス・エ・ショコラ(Epice et Chocolat)
5, rue Temple Nuef
67000 Strasbourg

ネゲル(Naegel)
9, rue des Orfevres
67000 Strasbourg

|

« 〔今日のおまけ〕ストラスブールのレストラン、ラ・メゾン・カメルツェル | トップページ | 六本木ヒルズでも開催!ドイツのクリスマスマーケット(ミュンヘン編) »

アルザスワイン街道の旅」カテゴリの記事

ヨーロッパのスイーツ」カテゴリの記事