« 庭全体がモネの傑作!秋のジヴェルニーへ | トップページ | クリスマスツリー発祥の地!ストラスブールに行きました »

2007-12-03

〔今日のおまけ〕六本木ヒルズでも開催!ドイツのクリスマスマーケット(アーヘン・モンシャウ編)

昨年訪れた、ブリュッセルから車で2時間ほどで行けるドイツのアーヘンモンシャウのクリスマスマーケットをご紹介します。

Aachen01_2アーヘン(Aachen)のクリスマスマーケットは毎年150万人が訪れるドイツ最大級のマーケットのひとつだそうです。
Aachen04町のいたるところで売っているアーヘンの名物のスパイスが効いた焼き菓子、アーヘナープリンテン(Aachener Printen)









Aachen06シナモンが効いている、外側はかりっとして中はやわらかい焼き菓子です。
Aachen05プレーンなもの、チョコレートでコーティングされたもの、砂糖でコーティングされたものなどバリエーションがあります。個人的にはブラックチョコレートでコーティングされたプリンテンが好きでした。
Aachen03老舗の「Nobis」は、大人気です。






Aachen02クリスマスツリー、クリスマスリースの出店。
Aachen08さあ、いよいよマーケットへ!












Aachen09ドイツと言えばやっぱりソーセージ!色々な種類・食べ方があってちょっと迷ってしまいます。
Aachen10久しぶりの美味しいソーセージに大感激!
やっぱりドイツのソーセージはプリッとしていて美味しいですね。ソースも美味しい!



Aachen18ドイツのクリスマスマーケットの定番だそうですが、Reibekuchen(ライブクーヘン)というハッシュドポテトを揚げたものにアップルソースをつけて頂くこのスナックは、とても美味しかったです(3個1セットなのですが、もちろん完食!)。他でもライブクーヘンを食べましたが、ここのものがが一番美味しかったです。これを食べに行くだけのためにアーヘンにまた行きたいくらい。
Aachen12ここでクリスマスマーケットには欠かせないグリューワイン(ドイツではシナモンなどのスパイスが入ったホットワインをこう呼びます)を頂きました。ストラスブールでは、ホットドリンクはプラスティックのコップで飲むのですが、ドイツは陶器のマグカップでいただけます。毎年マグカップのデザインが町によって、また出店によって違うので、それを見るのも楽しみです。マグカップを集めるためについついワインが進んでしまいます(笑)。最初にマグカップ込みの金額を支払ってカップを返したら返金してもらえるシステム。確か1杯4ユーロで、カップを返したら2ユーロ戻ってくると思いました。
Aachen13お腹が落ち着いたところでお店めぐりを再開します。
Aachen15ドイツらしい温かみのある木のオーナメントやおもちゃ。




Aachen14さすがドイツ!精巧なつくりでかつ可愛らしいものが多かったです。
Monshau082つ目は、モンシャウ(Monshau)
銀色の屋根が特徴の17世紀の木組みの家が残る谷間の可愛い村です。
この村は、ベルリンなどのドイツの大都市のドイツ人たちにはほとんどなじみのない村ですが、近隣諸国からのアクセスが良く、とてもチャーミングな村であることからフランス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグからの観光客がとても多いところです。
Monshau05繰り返される独仏の戦争で、フランス領になったり、ドイツ領になったりと歴史的に翻弄されてきた村なのですが、幸い村は戦争の破壊を免れた家が多く残り、モンシャウの村だけで、400戸近い家が歴史的建築物として保護されているそうです。
ドイツには木組みの家で有名な町がいくつかありますが、ほとんどがカラフルなパステルカラーなので、このようなモノトーンの木組みの家はシックで新鮮です。
Monshau01ドイツでは窓辺に飾るアーチ型のシュヴィップボーゲン
もともとは過酷な労働の後、家路を辿る鉱夫達を温かく迎えるものだったそう。


Monshau09 職人さんが実演していました。
Monshau02村の中心に行くまで、出店、お土産物屋さんが沢山あるので飽きません。





Monshau06レストランの飾りつけ。
Monshau07レストランの窓にシュヴィップボーゲンが飾られています。



Monshau04最初に惹かれたのはこのお店。マッシュルームをいためてガーリックが入っているソースで頂きます。モンシャウ名物のようで行列が出来ていました。

ドイツではゼンフ(マスタード)はソーセージに欠かせません。ドイツ人はケチャップよりマスタードをつけて食べる人が多いです。地方によってソーセージが違うように、マスタードも地方によって色々な味わいがあるそうです。

たとえばミュンヘンがあるバイエルン地方は白ソーセージが有名ですが、それにはSuess Senf(ズースゼンフ)という甘いマスタード、ドイツにおけるマスタードの生産中心地であるデュッセルドルフがあるライン地方は、有名なLoewen Senf(レーベンゼンフ)など。

日本で売られている輸入マスタードのほとんどがフランス産だと思いますが、やはりドイツのソーセージによく合うのはドイツのマスタードなんでしょうね。
Monshau03ここモンシャウでは伝統的なマスタードのほかに、イチジク入り、はちみつ入り、レモン入りなど色々な種類があるのでサラダのドレッシングや豚ばら肉の煮込みなどの肉料理に入れたりして楽しんでいます。
Aachen011こちらはアーヘンでグリューワイン(ホットワイン)を飲んだマグカップ。クリスマスマーケット記念にコレクターも多いようです。




Monshau011モンシャウで買ったマグカップ。

12月25日まで六本木ヒルズでドイツのクリスマスマーケットが開催されているようですね。
サイトを見る限りでは本格的なものらしいので、楽しみですね。

|

« 庭全体がモネの傑作!秋のジヴェルニーへ | トップページ | クリスマスツリー発祥の地!ストラスブールに行きました »

ドイツ」カテゴリの記事

ヨーロッパのクリスマス」カテゴリの記事