« オータンのサン・ラザール大聖堂・イヴの誘惑 | トップページ | ロマネスクとゴシックの混在、シトー会ポンティニー修道院 »

2008-07-31

〔フランスの最も美しい村〕バラの村・ジェルブロワ(Gerberoy)

Beauxvillage24_3この季節にフランスをドライブしているとよくみかけるコクリコ(ひなげし)。印象派の絵画にも描かれていますね。
Beauxvillage26_2美しい村の看板。「フランスで最も美しい村」ジェルブロワ(Gerberoy)。ジェルブロワは、ノルマンディーとピカルディーの交差点に位置しており、両地方の伝統を色濃く伝えている10世紀に歴史をさかのぼる村。以前から是非バラの美しい季節に訪れたいと思っていました。
Beauxvillage27村の入口の駐車場の裏には羊達が草を食んでいました。
Beauxvillage28村の入口のレストラン。
Beauxvillage29フェルメール?
Beauxvillage30どの家の周りにも、バラが植えてあります。控えめなバラも素敵です。
Beauxvillage31 フランス人の観光客がとても多く、次がイギリス人観光客でした。

皆楽しげにこの小さな村を散策していました。
Beauxvillage32ほのかなバラの香りが村全体に漂っています。
Beauxvillage33 この村のある辺りでは昔、フランスとイギリスの間で百年戦争が繰り広げられました。そのためジェルブロワのお城や建物も壊され、何世紀もの間、この村は廃村同然になっていたそうです。
Beauxvillage34Henri Le Sidaner(アンリ・ル・シダネル)という画家がこの村に引っ越してきたことが、村復活のきっかけになったそうです。
Beauxvillage35彼は自分の家をバラで飾り、またジェルブロワの城跡を見事な庭園にしました。
Beauxvillage44その後、「この歴史ある古い建物のそばにバラが咲いていたら、もっと美しいに違いない…」と、バラを育てることを村人たちに提案します。
Beauxvillage41彼の考えに共感した村人たちは、自分の庭だけでなく家の周りや道端にもバラを植え育てました。
Beauxvillage38そしてジェルブロワは、現在のバラの香りに包まれる美しい村となったそうです。
Beauxvillage36バラが家や風景に溶けこんでいます。
Beauxvillage37村で人気のレストラン。満席で残念ながらランチは出来ませんでした。
Beauxvillage42村の教会。
Beauxvillage48アンリ・ル・シダネルジェルブロワの絵は東京富士美術館にあるそうです。

|

« オータンのサン・ラザール大聖堂・イヴの誘惑 | トップページ | ロマネスクとゴシックの混在、シトー会ポンティニー修道院 »

ノルマンディ」カテゴリの記事

フランスの最も美しい村」カテゴリの記事