« ブルゴーニュのシャブリ村に行きました | トップページ | オーベルジュ・ドゥ・リル(L'Auberge de l'Ill )の休日②ホテルの周りを散策編 »

2008-08-30

オーベルジュ・ドゥ・リル(L'Auberge de l'Ill )の休日①ホテル編

Laubergedelill01_2☆画像をクリックすると拡大されます☆

フランス東部、アルザス地方のイルハーゼン(ILLHAEUSERN)は、コルマール(Cormar)から車で20分程の場所にある小さな村です。

Laubergedelill03この村を世界的に有名にしているのは、1967年に三ツ星を獲得して以来41年にわたって三ツ星を維持しているオーベルジュ(宿泊設備付きレストラン)、
オーベルジュ・ドゥ・リル(L'Auberge de L'ill)です。

世界のレストラン評論家たちが、フランスで最も好きなレストランの一つに必ず名前をあげるレストランです。

日本では2007年3月の名古屋の初出店に続き、今年の5月には東京店も出来たそうですね。

シェフのマルク・エーベルランさんの料理は、父ポールさんが創り上げた地元アルザスの伝統郷土料理をベースにしつつ、自らの新たなエッセンスを吹き込んだ料理で有名です。彼の至福の料理を堪能するため、世界中から多くの人がこの小さな村を訪れます。

夏の間はやはり混んでいると聞いていたので予約は4ケ月前にしました(部屋に関しては最後に残っていた部屋を予約しました)。まずはホテルにチェックイン。

Laubergedelill02ちょっと日本的な門を入ると、

Laubergedelill57手入れの行き届いた綺麗な庭。

Laubergedelill42ホテルの入口。
オーベルジュ・ドゥ・リルは、家族経営ならではの温かいおもてなしで有名です。

Laubergedelill26ホテルのロビー。滞在中は入口は常に開いていて、開放的な雰囲気でした。

Laubergedelill27滞在中なんどもロビーを通りましたが、いつも人がいなく毎回挨拶しなくてはいけないわずらわしさがなく、気軽に外にでかけられました。おそらくこれも意図的にしていると思います。もちろん奥に人がいるので、必要があればすぐに出てきてくれます。
Laubergedelill24シェフの得意料理の一つのグルヌイユ(食用カエル)の置物が飾られています。アルザスはグルヌイユの名産地だそうです。

Laubergedelill25なかにはちょっとコミカルなものも!

Laubergedelill21ホテルの廊下。外の明るい雰囲気から一転して、室内は木目で少し照明を落とした優しく暖かい雰囲気で落ち着きます。

Laubergedelill04奥がバスルームとベッドルーム。

Laubergedelill22ウォーキングクローゼット。

Laubergedelill05バスルーム。鏡の縁のイラストが可愛らしい。



Laubergedelill20アメニティはエルメスのもの。
Laubergedelill23

Laubergedelill06ベッドルーム。

Laubergedelill07ベッドルームとリビングの間の小さな部屋。

Laubergedelill08リビングへ。

Laubergedelill09奥の白い置物は、オーナーのコレクションの暖炉だそうです。各部屋に置いてあるそう。左にはバングアンドオルフセン(BANG&OLUFSEN)のテレビがあり、DVDも楽しめます。

Laubergedelill17 オリジナルの灰皿もやはりカエルのモチーフ。

Laubergedelill12ウェルカムフルーツ。採って来たばかりの新鮮なりんご。ホテルの周りを散歩したときに、沢山なっていました。

Laubergedelill103 ミネラルウォーターはやっぱりアルザス産。アルザスの小さな村「ヴァットヴィレール」(Wattwiller)は、ローマ時代からきれいな水の湧き出る場所として知られているそうです。

Laubergedelill11全室からアルザス地方を縦に流れるリル川が眺められるようになっているそうです。

Laubergedelill13近くに小川が流れて緑に囲まれていて、本当にのどかです。ホテルのアメニティや設備よりもやっぱり圧巻なのはこの美しい自然の景色。

Laubergedelill14穏やかな水面に柳の木がしっとりと垂れ下がる光景は息を呑む美しさです。

Laubergedelill18アルザスはフォアグラが有名なので、やはり鴨・ガチョウをモチーフとした置き物も多かったです。

Laubergedelill19 ホテルに宿泊すると、ディナーの時間は7時以降であれば何時からでもOKのようです。

これからホテルの周りを散歩してみようと思います。

|

« ブルゴーニュのシャブリ村に行きました | トップページ | オーベルジュ・ドゥ・リル(L'Auberge de l'Ill )の休日②ホテルの周りを散策編 »

アルザスワイン街道の旅」カテゴリの記事