« サンテティエンヌ大聖堂(メッス)のシャガールのステンドグラス | トップページ | レ・メゾン・ドゥ・ブリクールの週末①カンカル(Cancale)の海岸 »

2008-09-09

サン・マクシマン教会のジャン・コクトーのステンドグラス(メッス)

Metz34☆画像をクリックすると拡大されます☆

メッス(Metz)にはシャガールのステンドグラスがある教会の他に、ジャン・コクトーのステンドグラスがあるサン・マクシマン教会(Eglise Saint-Maximn)があります。小さな教会で、普通に町を歩いていたら通り過ぎてしまいそうな教会です。

Metz33中には誰も居ませんでした。

Metz30コクトーの独特なデザインのステンドグラスが、他の教会とは違う雰囲気を醸し出していました。

Metz31とても美しく太陽の光を吸収しているステンドグラス。

Metz26シンボリックに神と聖書をあらわしているそうです。
コクトーならではの絵柄が魅力的です。こういうステンドグラスも、また素敵なものだと思いました。

Metz25_2鮮やかでもあり、やさしくもある絶妙な色調のステンドグラス。

Metz24淡い青を基調に、全体が青の濃淡でまとめられていて、神秘的な雰囲気。

Metz23_2コクトーはメッスに親戚がいたので、この地に滞在してこのステンドグラスを製作したそうです。

Metz27製作年度は亡くなる前年だそうです。

Metz32_2
Metz28
ひたすら見とれてしまいます。実際見ると写真よりもっと綺麗です。

静かな教会で、コクトーの独特の世界を満喫しました。

|

« サンテティエンヌ大聖堂(メッス)のシャガールのステンドグラス | トップページ | レ・メゾン・ドゥ・ブリクールの週末①カンカル(Cancale)の海岸 »

フランスの教会・修道院」カテゴリの記事

ロレーヌ地方」カテゴリの記事