« パリ・セーヌ川右岸に初進出!エルメの新ブティック「マカロン・エ・ショコラ・ピエール・エルメ」 | トップページ | アルザスワイン街道の村、オベルネ(Obernai)のクリスマス! »

2008-12-17

ストラスブールのクリスマスマーケットと世界遺産・ストラスブール大聖堂

Strasbourg1ブリュッセルからストラスブール(片道約5時間)に向かいます。途中このような状況で少し心配になりましたが、
Strasbourg2途中からはお天気も回復し、無事アルザス地方に入ることができました。
Strasbourg3ストラスブールの看板が見えてきました。
Strasbourg4ストラスブールは、17世紀以降、フランスとドイツとの間で激しい争奪戦に巻き込まれ、5回国籍がかわりました。憎しみあった両国の歴史への反省から、戦後、 ヨーロッパ統合の象徴としてEU議会の本部が置かれています。
Strasbourg5大聖堂が見えてきました。
Strasbourg6ストラスブールのクリスマスマーケットは有名で、近隣諸国やフランス全土から観光客が訪れます。駐車場もどこもいっぱいだったのですが、ちょうど車が出たばかりのスペースを発見!車を止め町の中心に向かいます。
Strasbourg7昨年ストラスブールを訪れた時ストラスブール大聖堂をじっくり見学する時間がなかったので、今回は大聖堂をじっくり鑑賞するのが目的です。
Strasbourg8いつか行きたいと思っているレストランZuem Strissel
Strasbourg9
Strasbourg79夜はこんな感じに。
Strasbourg10
Strasbourg11段々と賑わってきました。
Strasbourg12
Strasbourg13
Strasbourg72ストラスブール大聖堂(世界遺産)は、12世紀後半から260年かけて建設されたゴシック様式の傑作です。現在の建物は全長が110m、身廊部分の天上高は32mという規模を誇っています。
Strasbourg71クリスマスマーケットがあるので、この時期は全体の写真が撮れません。
Strasbourg15色々な角度から。
Strasbourg33
Strasbourg14
Strasbourg20西側正面の壁は“石のレース”と絶賛される繊細華麗な彫刻にびっしりと覆われています。
Strasbourg34サグラダ・ファミリアを思い出しました。
Strasbourg21
Strasbourg22
Strasbourg18大聖堂の見所の一つ西正面の右扉口にある4体の彫刻。端の“誘惑”を象徴する若い男性と3人の“愚かな乙女達”。

“誘惑”だけレプリカで本物は大聖堂に隣接している大聖堂付属美術館にあるそうです。美術館で見ると、背中にはカエルやヘビが沢山張り付いていて、うわべだけ愛想がいい男性の言葉につられてはダメですよ、という教訓だそうです。
Strasbourg19右側には、“イエスと3人の賢き乙女達”の彫刻があります。
Strasbourg27南扉口の彫刻。右と左に対立した彫刻があります。
右側には折れた矢を持ち目隠しをしたシナゴーグ。

Strasbourg28ユダヤ教を象徴するシナゴーグは、間違った信仰という目隠しをされ、左手に辛うじて律法板を持ち、右手に折れた槍を抱えています。

今も古来の律法を捨てきれず煩悶するユダヤ教会の象徴だそう。左側のエクレシア(キリスト教の象徴)から、顔を背けているようです。そして反対側には、
Strasbourg29勝利の十字架と聖杯を持つエクレシア(キリスト教の象徴)があります

キリストの贖罪によって真の信仰を知り、勝利を確信してシナゴーグをにらみつけています。二つの彫刻で新旧二つの教会の対立を表しているそうです。

両方ともうっとりするような上品で美しい彫刻ですが、これはレプリカで、本物は隣接する大聖堂付属美術館にあるそうです。
Strasbourg35中に入ってみると、クリスマス時期だからだと思いますがパリのノートルダム大聖堂のような込みようでした。
Strasbourg37高い身廊の両側には17世紀のタピストリーがかかっています。
Strasbourg59ほのかに残った彩色が美しい天井。
Strasbourg3913~14世紀に作られたステンドグラスが神々しく輝いています。
ストラスブール大聖堂のステンドグラスはシャルトル大聖堂
同じようにオリジナルのステンドグラスが残っていることで有名です。

一番感動したのになぜか写真を撮り忘れましたが、黄金色の輝きが美しいバラ窓がありました。
Strasbourg61ステンドガラスが部分的に木の板になっているステンドグラスもあります。

パリの修理工房に送っているのですが、修理代が払えず5年以上もこのままのステンドグラスがあるそうです。
Strasbourg43
Strasbourg44
Strasbourg45
Strasbourg4612世紀に建設された内陣はロマネスク様式。
金色に彩色された美しい壁画。
Strasbourg4813世紀ゴシックの傑作“天使の柱”。最後の審判がモチーフで、一番上にキリスト、中段は天使、下段は4人の福音書記者の彫刻です。
Strasbourg50天使の羽がハートの形をしていて可愛らしいです。
Strasbourg51その奥には天文時計があります。

当時の芸術家、数学者、技術者、スイスの時計職人、彫刻家などをを総動員して造られたそうです。
Strasbourg54うわさ通り一番人気です。
Strasbourg57
Strasbourg58下には...
Strasbourg62教会を出て、クリスマスマーケットへ。
Strasbourg25


Strasbourg65
Strasbourg69
Strasbourg67ドイツではあまりみかけない、白ワインのヴァン・ショー・ブラン(ホット白ワイン)を。
Strasbourg68色々な種類のものがあります。私のお気に入りは左の揚げブレッツェル。
Strasbourg75大聖堂の近くにある老舗のお菓子屋さんクリスティアン(Christian)。

残念ながらお気に入りのクグロフ・サレは売り切れていました。
名残り惜しい気持ちでストラスブール大聖堂に別れを告げて、今日の宿泊地オベルネ(Obernai)に向かいます。


<関連記事>

クリスマスツリー発祥の地!ストラスブールに行きました

ストラスブールのスイーツ!クリスティアンとティエリー・ミュロップ

ストラスブールのレストラン、ラ・メゾン・カメルツェル

|

« パリ・セーヌ川右岸に初進出!エルメの新ブティック「マカロン・エ・ショコラ・ピエール・エルメ」 | トップページ | アルザスワイン街道の村、オベルネ(Obernai)のクリスマス! »

フランスの教会・修道院」カテゴリの記事

ヨーロッパのクリスマス」カテゴリの記事

世界遺産」カテゴリの記事