« アルザスワイン街道の旅③フランスの最も美しい村 ユナヴィール(Hunawihr) | トップページ | アルザスワイン街道の旅⑤リクヴィール(Riquewihr)の夜 »

2009-05-10

アルザスワイン街道の旅④フランスの最も美しい村、リクヴィール(Riquewihr)

Alsace72 毎年200万人以上の観光客が訪れる、アルザスワイン街道で最も人気のある村の一つである、アルザスワイン街道の中程にある村、リクヴィール(Riquewihr)。ブドウ畑の真珠と呼ばれるリクヴィール(Riquewihr)は、第二次大戦中に戦火を免れた村で、村の建物はほぼ16世紀そのままの形で残っています。

ローマ人がアルザスにブドウをもらたした6世紀頃に、この一帯に広大なブドウ畑を所有するRichoという人がいて、そこから地名がRichovilla(リコの所有地)となり、それが長い年月の間に徐々に変化し、リクヴィールとなったそうです。

アルザスのブドウの木の高さは、ブルゴーニュやボルドーのものと比べると背が高いです。
Alsace73
Alsace75アルザス地方は花の村の宝庫ですが、リクヴィールも花の村です。
Alsace76村の教会が見えてきました。
Alsace77美しい村の看板。
Alsace79泊ったホテルの中庭。
Alsace81村のメインストリートのジェネラル・ド・ゴール通りにはカーヴが立ち並んでいます。
Alsace82ペパーミントグリーンの壁が綺麗なレストラン。
Alsace83メインストリートから脇道を覗いてみると、ブドウ畑が見えます。この畑は有名なグラン・クリュ畑シュナンブールです。

Alsace87
Alsace84タルト・フランベを作っていました。
Alsace85
Alsace86夕食前でしたが、おいしそうだったので一枚。やはり炭焼きは美味しいです。
Alsace88メインストリートはかなり観光客で賑わっています。グラン・クリュを生産する村ですが、村の最大の産業は、ワインではなく観光だそうです。
Alsace89アルザスはドイツの影響を受けているため、家業を示す看板を腕木につるしているところが多いです。コウノトリのレストランの吊り看板。
Alsace112
Alsace110
Alsace90
Alsace99
Alsace106フェリー・ドゥ・ノエル(Feerie de Noel)は、クリスマスグッズ専門店で、ドイツのローテンブルグにあるケーテ・ウォルファルト(Kathe Wohlfahrt)の支店だそうです。
Alsace109歴史を感じさせる可愛らしい小路。
Alsace113ホテルの看板。
Alsace108_2クグロフ がそのまま釣り下がっている珍しい看板。
Alsace95可愛らしいおみやげ物屋さんが軒を連ねています。
Alsace96お菓子屋さんなどアルザス名物のお店が並んでいて、楽しい雰囲気。
Alsace97 淡い赤、ペパーミントグリーン、水色、青、山吹色、クリーム色、サーモンピンク、木組みの間の壁を色とりどりに塗った家々が連なっていますが、色は各自の好みで選んだらしいです。見事にお互いが調和していてるのは、フランス人ならではの色彩センスだと思います。
Alsace98メインストリートは歩いて20分程度の小さな村です。絵本の中に迷い込んだ気分。
Alsace100
Alsace114
Alsace104
Alsace111
Alsace115アルザスで350年の歴史を持つ名門ドメーヌである、ヒューゲル社(Hugel et Fils)。醸造所と試飲のできるブティックはメインストリートにあります。明日の朝一番で訪れるつもりです(オーベルジュ・ドゥ・リルでは、2001年ピノ・グリ・ジュビリーを頂きました)。
Alsace1051291年、村が初めて城壁で囲まれたときに建てられた城門。
Alsace101
Alsace102
Alsace103クグロフのお店。
Alsace137アルザスの村の至るところで見かける井戸。

|

« アルザスワイン街道の旅③フランスの最も美しい村 ユナヴィール(Hunawihr) | トップページ | アルザスワイン街道の旅⑤リクヴィール(Riquewihr)の夜 »

アルザスワイン街道の旅」カテゴリの記事

フランスのワインの村」カテゴリの記事

フランスの最も美しい村」カテゴリの記事