« アルザスワイン街道の旅⑦アンシの家(La Maison de Hansi) | トップページ | アルザスワイン街道の旅⑨ハウルの動く城の舞台!中世の街並みが残る、カイゼルベルグ(Kaysersberg)へ »

2009-05-14

アルザスワイン街道の旅⑧リクヴィール(Riquewihr)のドメーヌ・ドップ(Domaines Dopff)へ

Alsace176_2ホテルをチャックアウトしてから、今日二件目のドメーヌに向かいます。
Alsace173ホテルの入口の階段にいたねこ。気持ち良さそう。
Alsace178アルザスワイン街道の村ならではの迫力のある景色。
Alsace199アルザスで二番目の広さの畑を持つ
Alsace179創業450年の風格のある建物は、ドメーヌ・ドップ(Domaines Dopff)。年間150万本も生産しているそうです。
Alsace180デギュスタシオン(試飲)は左のサーモンピンクの建物で出来ます。
Alsace181入口。
Alsace184既に先客が楽しそうにデギュスタシオンをしていました。
Alsace183
Alsace185
Alsace186まずは2006 リースリング(Riesling)
Alsace192 口直しのミニ・ブレッツェル
Alsace1872004 リースリング・グラン・クリュ・シュナンブール
Alsace188
Alsace1892006 ピノ・グリ・レゼルヴェ
Alsace191 2004 ゲヴェルツトナミネール(Gewurztraminer) グラン・クリュ・ブラント

ゲヴュルツトラミネールは、リースリングと共にアルザスを代表するセパージュ(ブドウ品種)です。

一口目は、ゲヴュルツトラミネールの特徴のライチの甘い香りが前面に出てきます、その甘い香りように甘い味わいを予想しますが、それが予想に反してドライな味わいで驚かされました。

ヒューゲルのゲヴュルツトラミネールももちろん安定した美味しさでしたが、ドメーヌ・ドップゲヴュルツトラミネールは、とても印象に残るものでした。
Alsace1952005 ピノ・ノワール
Alsace193奥のマダムは、応対で忙しそう。
Alsace194ゲヴュルツトラミネールピノ・グリを数本ずつ購入。
Alsace197
Alsace198オー・ドゥ・ヴィー(Eau de vie)
Alsace196お土産用の小瓶も。
Alsace177リクヴィールは、思い描いていたアルザスのイメージ通りのとても素敵な村でした。
Alsace200次の村に向かいます。

|

« アルザスワイン街道の旅⑦アンシの家(La Maison de Hansi) | トップページ | アルザスワイン街道の旅⑨ハウルの動く城の舞台!中世の街並みが残る、カイゼルベルグ(Kaysersberg)へ »

アルザスワイン街道の旅」カテゴリの記事

フランスのワインの村」カテゴリの記事