« アルザスワイン街道の旅⑤リクヴィール(Riquewihr)の夜 | トップページ | アルザスワイン街道の旅⑦アンシの家(La Maison de Hansi) »

2009-05-12

アルザスワイン街道の旅⑥リクヴィール(Riquewihr)のヒューゲル(Hugel & Fils)でデギュスタシオン

Alsace135 アルザスの人は働き者だそうです。ドイツ人気質があるからでしょうか。早朝からランチのテーブルセットは出来ていました。
Alsace136朝一番のデギュスタシオンを目指し、メインストリートを歩きます。まだ観光客はほとんどいません。
Alsace138_2 ヒューゲル社(Hugel & Fils)の醸造所と試飲のできるブティックはメインストリートにあります。
Alsace151ヒューゲルの看板。
リクヴィールは、中世の時代から最も高貴なワイン産地の一つとして知られているそうです。そんなリクヴィールのドメーヌの中でも、ヒューゲルはアルザスで350年の歴史を持つ名門。小規模の家族経営にもかかわらず、アルザスワインの中ではトップの輸出量だそうです。
Alsace139ヒューゲルのワイン畑のほぼ半分がグラン・クリュクラスのものだそうです。
Alsace148ただドメーヌの方針で、ラベルにはグラン・クリュと表示されていません。
Alsace150アルザスのワインがフランスの他の地方のワインと異なることの一つに、ラベルにブドウの品種名が記載され、それぞれがそのブドウ単一で造られていることがあります。
Alsace142 左は、2004 ピノ・グリ ジュビリー(Pinot Gris Jubilee、少なくとも5年から8年は寝かせる必要があるそうです(以前オーベルジュ・ドゥ・リルでいただいたものは、2001年のものでした)。右はピノ・グリ トラディシヨン(Pinot Gris Tradition)
Alsace144左の2005 ゲヴュルツトラミネール ジュビリー(Gewurztraminer Jubilee)は、最良の年に厳選されたブドウのみで作られたものだそうです。ゲヴュルツトラミネール特有の、スパイスやライチ、エキゾチックフルーツの香りが強く感じられます。やはりこれも5年から8年で美味しくなるようです。
Alsace145ミュスカ(Muscat)のトラディシヨン(Tradition)

Alsace146ピノ・グリ ヴァンダンジュ・タルティヴ(Vindange Tardive最良のぶどう畑から、通常の収穫から4~6週間遅らせて摘んだ、熟れ過ぎたぶどうから作ったワイン。ぶどうの出来が最良の年にのみ造られます)。
何十年にも渡ってボトルの中で熟成するそうです。
Alsace149ヒューゲルからメインストリートを望んで。
Alsace140気に入ったものを数本購入しました。
Alsace152 ヒューゲルを出る頃には、だんだん観光客が増えてきました。







ヒューゲル(Hugel & Fils)
3, rue de la premiere armee
68340 Riquewihr
France
tel +33 (0)3 89 47 92 15

|

« アルザスワイン街道の旅⑤リクヴィール(Riquewihr)の夜 | トップページ | アルザスワイン街道の旅⑦アンシの家(La Maison de Hansi) »

アルザスワイン街道の旅」カテゴリの記事

フランスのワインの村」カテゴリの記事