« フランスの異国、ブルターニュ地方を巡る旅⑤ギミリオー(Guimiliau)の聖堂囲い地へ | トップページ | フランスの異国、ブルターニュ地方を巡る旅⑦ブルターニュの伝統に触れられる陶器の町カンペール(Quimper)へ »

2009-06-29

フランスの異国、ブルターニュ地方を巡る旅⑥そば粉から造られるウィスキーの造り手Distillerie des Menhirsへ

Bretagne149_2今日の宿泊先であるカンペールの町を通り越して、
Bretagne153そば粉で造ったブルターニュのウイスキーの造り手、メンヒル醸造所(Distillerie des Menhirs)へ。
Bretagne152ぎりぎりの時間に訪れたので、既にドアは閉まっていました。がっかりしていたら、お店の人が気づいてくれて開けてくれました。
Bretagne150試飲ルーム。この蒸留所は1921年にル・レ家によって創設されました。アランビックと呼ばれる銅製の単式蒸溜釜で2回蒸溜するので、基本的にはスコッチと同じ造り方です。しかし原料の違いからか、スコッチとカルヴァドスが混ざっているような、フルーティーで花の香りがするウイスキーでした。
Bretagne151
Bretagne418 一番右がそば粉で造ったウイスキー、エデュ・シルバー(Eddu Silver)。ここの一押しのウイスキーです。

|

« フランスの異国、ブルターニュ地方を巡る旅⑤ギミリオー(Guimiliau)の聖堂囲い地へ | トップページ | フランスの異国、ブルターニュ地方を巡る旅⑦ブルターニュの伝統に触れられる陶器の町カンペール(Quimper)へ »

ブルターニュ」カテゴリの記事