« 印象派の道、ノルマンディ地方へ①多くの画家が魅せられたエトルタの白亜の断崖と“アルセーヌルパンの館(Le Clos Arsène Lupin)” | トップページ | 印象派の道、ノルマンディ地方へ③芸術家お気に入りの港町オンフルール(Honfleur)へ »

2009-06-08

印象派の道、ノルマンディ地方へ②印象派が生まれた街・ル・アーブルのマルロー美術館(Le musée Malraux)

Normandie26エトルタの南約20キロ、パリを流れるセーヌ河が大西洋に注ぐその河口の町が、モネのルーツ、印象派の出発点となる街、ル・アーブルです。

第二次世界大戦で壊滅的な被害を被ったため、町の大部分は戦後に再建されました。その後の建築家オーギュスト・ペレによる都市計画が認められ、2005年に世界遺産に登録されています。

Normandie54この港町で夜明けの海を描き、完成された作品が、のちに印象派絵画の誕生を宣言することになるモネの「印象・日の出」です。
Photo「印象・日の出」。1873年印象派はここル・アーブルで生まれました。
Normandie53そんなル・アーブルにふさわしく、この街にはフランス第二の印象派コレクションを有すると言われているマルロー美術館があります。

当時文相を務めていた作家マルローは、第二次世界大戦で破壊されたル・アーブル美術館の代わりに新しい美術館を1961年に創設しました。
Normandie52広々とした外光が入る明るくモダンな館内。印象派の絵を鑑賞するにはぴったりです。
Normandie50
Normandie51 モネの師匠であるブーダンデュフィモネはもちろん、ル・アーヴルの町にインスピレーションを受けたクールベコロールノアールシスレーなどの作品があります。
Normandie36bウジェーヌ・ブーダンは同じくノルマンディ地方のオンフルール生まれ。モネをはじめ、印象派の画家達に影響を与えた19世紀の画家です。 この美術館にはブーダンの作品が100点以上あるそうです。
Normandie49bブーダンの主題は自然の風景で、特に海と空を強調した絵画を多く描いています。ブーダンがノルマンディの海を描いた作品。
Normandie46cmブーダン「エトルタの断崖(Falaise a Etretat)」(1890-1894)。
Normandie48bヴェニスの作品も。

モネと出会ったのは、ブーダンが34歳の時です。ル・アーブルで似顔絵や風刺画などを画材屋さんの店先に並べてもらっていた当時17歳のモネの作品を見て、ブーダンはモネを誘い屋外で絵を描くことを教えます。屋外で素早く絵を仕上げるブーダンに感化され、モネは画家になる決意をします。
Normandie38bノルマンディ地方でよく見かける牧歌的な光景シリーズ。
Normandie39b
Normandie27cmモネの「ヴァランジュヴィルの断崖(Les Falaises de Varengeville)」(1897)。モネは、5歳の時パリからル・アーブルに移ります。
Normandie28rルノワールの「観光客(L'Excusionniste)」(1888年)。
Normandie42r
Normandie29dデュフィの生誕地
だけあって、素敵な絵が沢山ありました。「花の中のジャンヌ(Jeanne dans les fleurs)」 (1907)。
Normandie139 「カジノ・マリー・クリスティーヌとル・アーブルの海岸(Le Casino Marie-Christine et la plage du Havre)」(1910)。
Normandie30d「海辺を散歩する人々(Promeneur au bord de la mer)」(1925)。
Normandie134 
Normandie31d_2「海辺とル・アーブルの防柵(La plage et l'estacadeau)」(1926-1930)。
Normandie33d「ル・アーブルの思い出(Souvenir du Havre)
」(1921)。

Normandie35d花瓶も。「水浴する女性達と白鳥(Vase aux baigneuses et cygnes)」(1930)。
Normandie32sシスレーの「モレの橋、雷雨の効果(Le pont de Moret, effet d'orage)」(1887)。
パリで生まれたイギリス人のシスレーが、晩年の20年を過ごしたモレ・シュール・ロワン(Moret sur
Loing)
です。
Normandie132
Normandie47as「サン・マメスのロワン川(Le Loing a Saint Mammes)」(1885)。初期のシスレーの絵は、色彩が地味で暗い感じの絵が多いのですが、年を経るに従って、
Normandie138多彩で明るい色使いに変わっていきます。
Normandie133 「夜明けのセーヌ川(Le Saine au Point-du-jour)」(1877)。
Normandie136ドラクロワの「狩猟犬を連れたファウストとワーグナー(Faust et Wagner avec le barbet)」。
Normandie45ed「シャンプロゼーの景色(Paysage a Champrosay)」(1849)。
Normandie34bブラックの「オンフルールのコート・ド・グラース(La Cote de Grace a Honfleur)」(1905)。コート・ド・グラース
は、オンフルールの丘で、印象派の画家達・多くの芸術家(エリック・サティもここで曲を書いたそうです)に愛された場所だそうです。
Normandie47hmマチスの「水差しの静物画(Nature morte au pichet)」(1896-1897)。
Normandie135「南仏の風景または道り(Paysage ou Rue dansleMidi)」(1919)。
Normandie142ゴーギャンの「タヒチの景色(Paysage de Te Vaa)」(1896)。
Normandie40gc クールベの「波(La Vague)」(1869)。
「パラヴァスの海辺(La mer aPalavas)」(1854)。

Normandie44p ブルゴーニュのソーリュー出身のフランソワ・ポンポンの熊の彫刻。







Le musée Malraux
2 boulevard Clemenceau
76600 Le Havre
Tel: 02 35 19 62 62

☆今日の動画☆

インターネットを通じて新人アーティストをみんなでプロデュースしていくレーベルMy Major Companyから生まれたグレゴワ-ル(Grégoire)のトワ・プリュス・モア(Toi Plus Moi)。フランス、ベルギーで人気です。

Toi Plus Moi

Toi plus moi, plus eux plus tous ceux qui le veulent,
plus lui plus elle et tout ceux qui sont seuls
allez venez et entrez dans la danse
allez venez, laissez faire l'insouciance

A deux a mille je sais qu'on est capable
tout est possible tout est réalisable
on peut s'enfuir bien plus haut que nos rêves
on peut partir bien plus loin que la grève

Oh toi plus moi, plus tous ceux qui le veulent,
plus lui plus elle plus tout ceux qui sont seuls
allez venez et entrez dans la danse
allez venez c'est notre jour de chance

avec l'envie la force et le courage
le froid la peur ne sont que des mirages
laissez tomber les malheurs pour une fois
allez venez , reprenez avec moi.

Oh toi plus moi, plus tous ceux qui le veulent,
plus lui plus elle et tout ceux qui sont seuls
allez venez et entrez dans la danse
allez venez laissez faire l'insouciance

je sais c'est vrai ma chanson est naïve
même un peu bête , mais bien inoffensive
et même si elle ne change pas le monde
elle vous invite a entrer dans la ronde

Oh toi plus moi plus tous ceux qui le veulent
plus lui plus elle et tous ceux qui sont seuls
allez venez et entrez dans la danse
allez venez c'est notre jour de chance

l'espoir l'ardeur font tous ceux qu'il te faut
mes bras mon coeur mes epaules et mon dos
je veux te voir des étoiles dans les yeux
je veux nous voir insoumis et heureux

Oh toi plus moi plus tous ceux qui le veulent
plus lui plus elle et tous ceux qui sont seuls
allez venez et entrez dans la danse
allez venez, laissez faire l'insouciance

Oh toi plus moi plus tous ceux qui le veulent
plus lui plus elle et tous ceux qui sont seuls
allez venez et entrez dans la danse
allez venez c'est notre jour de chance

Oh toi plus moi plus tous ceux qui le veulent
plus lui plus elle et tous ceux qui sont seuls
allez venez et entrez dans la danse
allez venez et entrez dans la danse

|

« 印象派の道、ノルマンディ地方へ①多くの画家が魅せられたエトルタの白亜の断崖と“アルセーヌルパンの館(Le Clos Arsène Lupin)” | トップページ | 印象派の道、ノルマンディ地方へ③芸術家お気に入りの港町オンフルール(Honfleur)へ »

ノルマンディ」カテゴリの記事

ヨーロッパの美術館・展覧会」カテゴリの記事

印象派ゆかりの地」カテゴリの記事