« 北イタリア湖水地方のマッジョーレ湖の真珠、イゾラ・ベッラのボッロメオ宮殿へ | トップページ | トスカーナの休日①海と山の幸を楽しめるリヴォルノの“アグリツーリズモ”へ »

2009-09-08

荘厳で豪奢なるヴィスコンティ家のパヴィアの美しい僧院(Certosa di PAVIA)へ

Ete292ストレーザからパヴィアの僧院(Certosa de PAVIA)へ。
Certosa(チェルトーザ)とは「カルトジオ修道会の修道院」だそうです。

参道のような美しい並木道の先にあります。
Ete293見えてきました。
Ete294フレスコ画が鮮やかな門。
Ete295天井も1500年代のフレスコ画で飾られています。
Ete300
Ete298
Ete302パヴィアの僧院は、13世紀末から15世紀に掛けてミラノの当主であったヴィスコンティ家(15世紀にスフォルツァ家に支配権を奪われ、没落)の霊廟として、ミラノのドウモを建設した実力の有る建築家達によって建築されました。その後、ミラノの当主(15世紀~16世紀)となったスフォルツァ家の霊廟としても利用されることになります。修道院は1452年頃、付属の教会は1473年に完成し、
Ete297その後、色大理石の美しい巨大なファサード(正面)が手がけられ18世紀に完成しました。ルネッサンス期のロンバルディア様式芸術の最高傑作と言われています。
Ete301レオナルド・ダ・ヴィンチのパトロンだった、スフォルツァ家三代目の当主、ルドヴィコ・イル・モーロと、彼の妻ベアトリーチェ・デステのお墓も仲良く並べられて納められています。
Ete323
Ete303ファサードの美しさに魅了されます。第一印象は白と緑とピンクの華やかさです。
Ete322
Ete304ファサード全面が大理石でできており、大小さまざまの繊細な彫刻が豪華です。
Ete306ファサードの最下部には古代ローマの貨幣を模した肖像のメダルが横一列にずらりと並んでいます。
Ete307内部の建築はゴシックからルネサンスへの過渡期の様式を示しています。
Ete310
Ete308 パヴィアの僧院は、大小2つの回廊も有名です。現在この僧院はカルトジオ会の修道士によって管理されていて、この修道士達の案内
についていくと、回廊も見学することができます。

たまたまその日の修道士さんがやる気がなさそうな雰囲気で、かつイタリア語での説明がすごく長かったこともあり、結局回廊は見学せず、堂内だけ見学して帰りました。
Ete325

Ete311壁はバロック・フレスコ画で覆われ、聖人ブルーノやキリストの生涯が描かれています。
Ete312
Ete321
Ete313
Ete314十字型の聖堂は、これでもかというほど細部まで装飾を重ねられています。
Ete318当時の有名画家たちによるフレスコ画の数々。
Ete327
Ete326
Ete319
Ete315
Ete316
Ete317ここから先は修道士さんと一緒でないと見学できません。
修道士さんのガイドについていくと、説明が終わった時点で、自分が適切だと思う喜捨を渡すそうです。

この奥に見学したかったルドヴィコ・イル・モーロと、彼の妻、ベアトリーチェ・デステ(婚礼衣装に身を包んで横たわった姿を彫刻したもの)の墓碑が仲良く並べられて納められているそうです。
Ete320
Ete328パヴィア市にはヴィスコンティ城もあり(現在は美術館と博物館になっています)、お城の庭は市民の憩いの場となっているそうです。
Ete330もっとゆっくりと見学したかったのですが、残念ながら時間が押しているので、
Ete331今日の宿泊先のトスカーナに向かいます。

|

« 北イタリア湖水地方のマッジョーレ湖の真珠、イゾラ・ベッラのボッロメオ宮殿へ | トップページ | トスカーナの休日①海と山の幸を楽しめるリヴォルノの“アグリツーリズモ”へ »

イタリア」カテゴリの記事

ヨーロッパの教会(フランス以外)」カテゴリの記事