« フランシュ・コンテの週末③アルボアのショコラティエ、イルサンジェー(Hirsinger) | トップページ | フランシュ・コンテの週末⑤アルボアのレストラン、ル・カヴォー・ダルボア(Le Caveau d'Arbois) »

2009-10-08

フランシュ・コンテの週末④シャトー・シャロンのドメーヌ、ベルテ・ボンデ(Berthet-Bondet)へ

Jura58_2ヴァン・ジョーヌ(黄ワイン)アルボワを始めジュラ地方全域で造られていますが、シャトー・シャロン(Château Chalon)のものが最良とされています。
Jura60シャトー・シャロンのドメーヌに向かいます。
Jura61コンテチーズの乳牛。
Jura62近づいたら、土地のフランス人のムッシューにあまり近くに行くと噛まれるよ!と言われました(笑)。
Jura64
Jura66シャトー・シャロンの看板が見えてきました。
Jura67急勾配のブドウ畑。
Jura68あまりにも美しい光景なので、車を降りてみました。
Jura70標高300m~400mだそうです。
Jura71この辺りの土壌は表土が薄く石灰岩と粘土層が複雑に折り重なっているそうです。これは、ジュラの名の由来でもある「ジュラ紀」の特徴的地層だそうです。
Jura72
Jura74ワイン街道(route des vins)の看板。
Jura76
Jura77お国柄が出るのでしょうけれど、フランスのブドウ畑は、イタリアのブドウ畑と違って整然としています。
Jura78 シャトー・シャロンの入口に到着しました。シャトー・シャロン“フランスの最も美しい村”の一つです。
Jura79眼下には盆地状にブドウ畑が広がる雄大な景色が楽しめます。これが上質なヴァン・ジョーヌを生み出す畑なのですね。

実際見ると、今まで見たブドウ畑で一番美しいと思ったのですが、写真ではその10分の1も伝えられないのが、残念です。(シャトー・シャロンとボーム・レ・メシューの動画)
Jura80村の地図を見ると、山の上にある天空の孤島、のような村ですね。
Jura82
Jura83
Jura84ドメーヌ・ベルテ・ボンデ(Domaine Berthet-Bondet)に到着。
Jura86_2
Jura85
Jura87ドメーヌの試飲の入口。
Jura89パテなどの食品も売っています。
Jura90くるみオイルなど。
Jura91フロマージュも。
Jura92_2コンテチーズ、パン、サラミなどと一緒に試飲させて頂きました。
Fc12 購入したのは、気に入ったコート・デュ・ジュラ(Cotes du Jura)、
Fc14サヴァニャン
で造られるヴァン・ジョーヌのシャトー・シャロン(Chateau-Chalon, 25.6€)と
Fc15写真がないですが、マックヴァン(13.1€)も購入しました。
Jura94_2観光するところも色々あるみたいですが、
Jura96
Jura97_3時間も遅くなってきたのでまっすぐアルボアに戻ります。

|

« フランシュ・コンテの週末③アルボアのショコラティエ、イルサンジェー(Hirsinger) | トップページ | フランシュ・コンテの週末⑤アルボアのレストラン、ル・カヴォー・ダルボア(Le Caveau d'Arbois) »

フランシュ・コンテ」カテゴリの記事

フランスのワインの村」カテゴリの記事

フランスの最も美しい村」カテゴリの記事