« フランシュ・コンテの週末④シャトー・シャロンのドメーヌ、ベルテ・ボンデ(Berthet-Bondet)へ | トップページ | フランシュ・コンテの週末⑥フランスの最も美しい村、ボーム・レ・メシュー(Baume les Messieurs) »

2009-10-09

フランシュ・コンテの週末⑤アルボアのレストラン、ル・カヴォー・ダルボア(Le Caveau d'Arbois)

Jura109夕食はフランシュ・コンテ地方の料理が頂けるレストラン、ル・カヴォー・ダルボア(Le Caveau d'Arbois)
Jura110
Jura99やはり最初はコンテチーズです。
Jura100ドリンクは、5つのジュラワインを味見できるセット(Palette de Degustation 5 verres: Macvin, Chardonnay, Poulsard, Trousseau et Vin Jaune 、14 €)をオーダーしました。

初めてジュラワインを飲む人は楽しいと思いますが、日中に著名ドメーヌのワインを頂いてしまっていたので、残念ながらそんなに感動は出来ませんでした。
Jura101このスープにもコンテチーズが、以下ずっとコンテチーズは登場しました。
Jura102鴨のフィレのカルパッチョ、バルサミコ、ヘーゼルナッツオイル和え (14€)。
Jura104ここにコンテチーズ
Jura103牛タンのスモークのサラダ。くるみ、コンテチーズがサラダに入っていて、ヴァン・ジョーヌのヴィネガー、ヘーゼルナッツオイルで和えています(12€)。
Jura105モリーユ茸、フランス最高とされるブレス産若鶏を使ったコック・オー・ヴァン・“ジョーヌ”(24€)。
Jura106お代わりもあります。
Jura107 地元のハム・ソーセージなどをコンテチーズで焼いたもの。
Jura108最後は長期熟成のコンテチーズで締めます。


|

« フランシュ・コンテの週末④シャトー・シャロンのドメーヌ、ベルテ・ボンデ(Berthet-Bondet)へ | トップページ | フランシュ・コンテの週末⑥フランスの最も美しい村、ボーム・レ・メシュー(Baume les Messieurs) »

フランシュ・コンテ」カテゴリの記事

フランスのレストラン」カテゴリの記事

フランスのワインの村」カテゴリの記事