ヨーロッパのスイーツ

2009-10-07

フランシュ・コンテの週末③アルボアのショコラティエ、イルサンジェー(Hirsinger)

Jura11アルボアの中心の広場の一画にある1900年創業のイルサンジェー(Hirsinger) 
400年前の建物だそうで、現在4代目のエドワール・イルサンジェー氏 がショコラティエです。イルサンジェー氏は、フランス全土でわずか18人しかいないショコラのM.O.F.の資格を持っています。
Jura47店内はスタンダールの「赤と黒」をイメージしているそうです。100年以上も続く老舗パティスリーというイメージからは想像もつかないほど、クリエイティブで個性的なショコラの数々。
Jura49やはり町の誇り、パストゥールのショコラの胸像も。
Jura50外にはカフェがあります。
Jura55_2
Jura52店内は大混雑。人気のエクレアやシュークリームの美味しさは、近所の牧場で取れたての"本生=無調整"クリームを使っているので評判です。すぐに売り切れてしまうようで、その日はもうありませんでした。
Jura53おいしいショコラ作りのため、イルサンジェー氏は地元の素材にこだわります。冷凍保存することもなく、保存料や香料も使用しません。
Jura51

Jura54ガトー・サレもあります。
Jura56マロングラッセ。地元のお客さんで大変な混雑で、1900年創業、地元の人に愛されているのだろうなあ、ということを肌で感じました。
Jura111箱もシンプル。
Jura112イルサンジェーのショコラはカカオが利いていて、素材を生かした、シンプルな“男気”のあるもので、男性ファンが多いそうです。リヨンベルナションと同様、シンプルなガナッシュは、本当に美味しい。私のベストは、現在ベルナション、イルサンジェーのどちらかです。
Jura113ここのショコラはヴァン・ジョーヌとも良く合いました。際立つ個性がお互いの味を引き立て合うから不思議です。アニスや胡椒など、スパイシーなものが好きな私には堪らないショコラでした。

イルサンジェー氏は、“Chocolat vivant(生きているショコラ)”というテーマを商標登録しているそうです。新鮮で一番おいしい状態で食べて欲しい、という想いがこの言葉に込められているそうです。
Jura114フルーツケーキ。
Jura57 今日はあと一軒ドメーヌを訪ねます。

|

2009-07-13

フランスの異国、ブルターニュ地方を巡る旅⑫元祖塩バターキャラメル(C.B.S)!キブロン(Quiberon)のル・ルー(Le Roux)へ

Bretagne347 ブルターニュ半島から突起した先端にあるキブロンへ到着。キブロンの正式名称は、"Quiberon, la Presqu'ile(キブロン、ほとんど島)"というなんだかチャーミングな名前です。
Bretagne348キブロンのお目当ての一つは、
Bretagne349フランスで有名なショコラティエ、アンリ・ル・ルーさんのお店を訪ねること。キブロンの港に近い商店街の一角にあります。真っ白な外観にショコラ色の看板。
Bretagne350
Bretagne351扉を開けるとショコラの香りが漂います。
Bretagne359ル・ルーさんが自分だけのスペシャリテを作りたいという思いで考案したキャラメル、C.B.S.(セー・ベー・エス)。

C.B.S.はCaramel au Beurre Sale(キャラメル・ブール・サレ、塩バターキャラメル)の頭文字をとったものです。

塩バターはブルターニュ地方の名産です。特に塩田で名高いゲランドで取れた自然海塩を練りこんだバターは、美食家のためのバターとして知られています。
Bretagne352
Bretagne353店内は結構広く、多種多彩な品揃えに、何を買おうか、かなり迷います。
Bretagne357
Bretagne356
Bretagne354少年の頃に柔道を通して日本に親しみを覚えていたそうで、店内にはこんなディスプレイも。
Bretagne355タブレット。
Bretagne358 パンやクレープに塗る塩バターキャラメルのペースト。ナッツが沢山入っているのと、バターが個人的にはしつこくて結局1回しか食べられませんでした。
Bretagne360マロングラッセは個人的には普通の印象。デルレイのものの方が、私は気に入っています。
Bretagne421
Bretagne422ル・ルーで買ったもの。
個人的にまた買いたいと思ったのは、やはり
Bretagne423ショコラの詰め合わせです。

日本では、キャラメルの方が有名ですが、フランスではアンリ・ル・ルーさんは、一流のショコラティエとして広く知られ、ショコラのミシュランとも言われる「Le Guide du Club des Croqueurs de Chocolat」(2003年版)では最高位の5タブレットを受賞しています。(5タブレットを獲得したのは、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」創始者ロベール・ランクスジャン=ポール・エヴァンを含めわずか3名のみだそう) 。フランスで5本の指に入るショコラティエといわれていますが、確かに納得できます。カカオが利いていて滑らかなショコラ。フランス人のマダム達は、みなショコラを購入していました。
Bretagne361ポール・マリア港の風景。ベル・イル(日本語で“美しい島”)行きのフェリーが出ているそうです。ベル・イルに別荘を持つことは、フランス人のステータスだそうです。

18 rue de Port-Maria F-56170 QUIBERON
Tél. + 33 (0)2 97 50 06 83

 

|

2009-07-03

フランスの異国、ブルターニュ地方を巡る旅⑧ラデュレより美味しい!カンペールのフランス一番のマカロン専門店

Bretagne170 HBアンリオ社から町の中心に向かいます。
Bretagne179町のシンボル、ゴシック様式のサン・コランタン大聖堂
Bretagne177お目当てはこのマカロヌリー(マカロン専門店)、Les Macarons de Philomene
Bretagne1781er MACARONIER DE FRANCE(フランスで一番のマカロン職人)と書かれてあります。
Bretagne176
Bretagne174
Bretagne173 
Bretagne172ずらりと並んだ落ち着いた雰囲気のカラフルなマカロン。

Bretagne171ひっきりなしにお客さんが入ってきます。色々なマカロンが入っている箱を購入しました。クリームがたっぷり入ったマカロン。
Bretagne416
Bretagne175塩バターキャラメル味の直径7センチほどの大きめのマカロンも購入。
Bretagne417
Bretagne415お味は.....確かに美味しかったです。クリーム自体の美味しさ、マカロンとクリームの絶妙な溶け合い方など、個人的にはラデュレ、ピエール・エルメより美味しいと思いました。プレーンなマカロンと塩バターキャラメルのマカロンは特に気に入りました。
交通機関を使う(時間が経つ)と味が落ちるので、ここのマカロンはカンペールでしか購入できないそうです。
Bretagne180地元の人に人気のクレプリーへ。
Bretagne181ブルターニュでは、シードルを飲みながらクレープ・ガレットを食べるのが一般的。個人的にはシードルとクレープ・ガレットはそんなに合うものか疑問ですが、ブルターニュの流儀ですので、やはりオーダーしました。
Bretagne182お土産物屋さんで見て気になっていたそば粉のビールも注文。
Bretagne183こちらの人は甘くないガレットをまず食べて、それからデザートのクレープを食べるのが慣習です。
Bretagne200ガレット、クレープとも、たくさん種類があって、選ぶのに悩んでしまいます。こちらはオーソドックスなハム、たまごのガレット。
Bretagne201マロンのクレープ。クレープ生地が薄く、軽く頂けるので、たくさんの種類を楽しめるのが嬉しいです。





Les Macarons de Philomene
13 rue Kéréon
29000 Quimper
Tél. 02 98 95 21 40

Creperie La Krampouzerie

9, Rue du Sallé
29000 Quimper
Tél. 02 98 95 13 08

|

2009-06-21

フランスの異国、ブルターニュ地方を巡る旅②中世の名残りが色濃い小さな町ディナン(Dinan)へ

Bretagne50サン・マロの町側の城壁。
Bretagne51サン・マロからディナン(Dinan)へ向かいます。
Bretagne52ディナンに到着。
Bretagne53藤の花と花崗岩の石壁の色の組み合わせは落ち着いた美しさがあります。
Bretagne57
Bretagne58ディナンブルターニュの中でも最も古い建物や通りが残っている町だそうです。
Bretagne59花崗岩のグレーとパステルブルーの組み合わせが美しいです。
Bretagne60道は古い石畳が多く、起伏が激しいです。
Bretagne61
Bretagne63ディナンは、15世紀ごろからランス川を運河として利用した運送業で繁栄しました。
Bretagne70
Bretagne69川の近くにあったブーランジュリー。
Bretagne62ブルターニュ名物の美味しそうなクイニー・アマン(Kouign Amann)に誘われてお店に入ってみました。ブルターニュ地方の言葉でクイニーはお菓子、アマンはバターを意味し、その名の通りバターをふんだんに使ったほんのり甘じょっぱい焼き菓子です。ブルターニュの焼き菓子の中で1番古いものだといわれています。

ちなみにブルターニュの3大焼き菓子は、クイニー・アマンガレット・ブルトンヌファー・ブルトンだそうです。
Bretagne64このお店のクイニー・アマンや焼き菓子はサン・マロのバター職人ボルディエ(Bordier)のバターを使っているようです。ラ・フロマジェ・ジャン・イヴ・ボルディエ(La Fromagée Jean-Yves BORDIER)のバターは、フランスの三ツ星レストランをはじめ、世界の一流シェフたちから高い評価を受けるバターブランドです。
Bretagne65
Bretagne66

Bretagne67
Bretagne68買ったのは普通のクイニー・アマンとりんごが入ったクイニー・アマン。どちらもまだ温かくて生地がふわっとしていて、今まで食べたクイニー・アマンとは一線を画すものでした。また坂道を登って町の中心へ向かいます。
Bretagne71花崗岩のグレーと鮮やかな花の色のコントラストが美しいです。
Bretagne72ディナンを見渡せる時計台は、残念ながら休憩中で入れませんでした。
Bretagne74お土産物屋さん。ブルターニュ名物の塩バターキャラメルや、ブルターニュのウィスキーもあります。
Bretagne73塩バターキャラメルをラッピングする機械も展示されていました。
Bretagne75
Bretagne76ペロス・ギレック(Perros-Guirec)に向かいます。




|

2009-05-25

アルザスワイン街道の旅⑱エギスハイムのブーランジュリー、ジルベール・マルクス(Gilbert Marx)

Alsace175 エギスハイム村の評判のブーランジュリー、
Alsace167_2
Alsace168_2ジルベール・マルクス(Gilbert Marx)
Alsace169_2アルザスワインのブドウ品種で作ったコンフィチュールが売っています。
Alsace195今回は、ミュスカ、ゲヴェルツトラミネール、リースリングのコンフィチュールを購入。
Alsace171注射器みたいなものに入っている、アルザス名物のオー・ド・ヴィー
Alsace173もちろんクグロフも。
Alsace172クグロフを薄切りにして焼いたもの。
Alsace174ケーキも美味しそうでした。

ブリュッセルに戻ります。







ジルベール・マルクス(Gilbert Marx)
39 Grand Rue
68420 Eguisheim

☆今日の動画☆
Dalida先週フランスのテレビでBGMで使われていた80年代のフランスを代表する国民的歌手ダリダ(DALIDA)のIl venait d'avoir 18 ans(18歳の彼)
Alain_delonそして、ダリダと言えば日本では、アラン・ドロンと歌った“パローレ・パローレ”(もともとイタリアで発売された歌だそうですが、アラン・ドロンの知名度が高かったため日本では、翌年発売されたフランス版の方がヒットしたそうです)が有名ですね。

|

2009-05-18

アルザスワイン街道の旅⑫ニーデルモルシュヴィル(Niedermorschwihr)のメゾン・フェルベールへ、

Alsace1 ブドウ畑に囲まれた可憐な村、ニーデルモルシュヴィル(Niedermorschwihr)に向かいます。
Alsace2ニーデルモルシュヴィル(Niedermorschwihr)に到着。
Alsace3ユニークな形の屋根。
Alsace4_2
Alsace5_2この人口が300人しかいない小さな村に、世界中で有名なコンフィチュール(ジャム)のお店があります。
Alsace26
Alsace25ここがコンフィチュールの妖精と呼ばれるクリスティーヌ・フェルベールさんのお店です。
Alsace21コンフィチュールで有名なマダム・フェルベールですが、高級感漂う食料品店です。
Alsace22
Alsace24お店の看板。
Alsace23下にFerber(フェルベール)と書いてあります。
Alsace6お馴染みのコンフィチュールがアルザス風にシンプルに飾られています。
Alsace12数え切れないほどのコンフィチュールが所狭しと並べられています。
Alsace15_2 コンフィチュールは一つ一つマダムフェルベールさんが瓶詰めするそうです。
Alsace11さすが本店。珍しいお徳用(?)サイズのコンフィチュールもありました。
Alsace19
Alsace20クッキーも。
Alsace17
Alsace18
Alsace16マダム・フェルベールコンフィチュールのイメージが強いですが、それ以外のものも沢山つくっています。
Alsace13彼女のパティシエとしての才能を最初に認めたのがアラン・デュカスだそうです。
Alsace14アルザス風ではなく、パリ風のマカロン。
Alsace10
Alsace7マダム・フェルベールプロデュースのキッチンクロス。
Alsace194
Alsace9美味しそうな野菜・果物もありました。
Alsace188ちょうど「日本におけるフランス年」だったので、フランスの大切な友人であるあなた様へ、という文章から始まる日本語のメッセージが書かれている紙とハート形のサブレを頂きました。
Alsace193今回は、シナモン風味のミラベル(アルザス地方のお隣のロレーヌ地方のナンシーの物が有名な収穫地域の限られた珍しいプラム。アルザス地方でも採れるそうです)のコンフィチュールと、八角風味のアルザス地方にしかないプラム、クエッチのコンフィチュールを購入しました。
Cf先日近所の本屋さんで見つけたマダム・フェルベールが最近出した本、コンフィチュールのレッスン(Lecons de confitures)。コンフィチュールの妖精による270のレシピ(270 recettes par la "fee des confitures)と帯に書かれています。
Alsace27
Alsace29ニーデルモルシュヴィル(Niedermorschwihr)を後にして、次の村に向かいます。





メゾン・フェルベールのコンフィチュールとは
(新宿伊勢丹)

|

2009-05-17

アルザスワイン街道の旅⑪カイゼルベルグ(Kaysersberg)のお菓子屋さん

Alsace237_2メインストリートにあるアルザス菓子のお店、Biscuiterie La Table Alsacieque
Alsace240_2

Alsace238
Alsace239お目当てはアルザスのマカロン。色々な種類があったので迷っていたら、オーソドックスなものを試食させてくれた上で、ミックスを勧めてくれました。
Alsace196アルザスのマカロンは、ココナッツを使った素朴なマカロンで、ホロホロとくずれるタイプです。ココナッツ味のものが大半ですが、その上にチョコレート、レーズン、ラズベリー、ピスタチオ味のものも。ビジュアル的にもカラフルでした。
Alsace241_2小型クグロフのお店、クグロフ(KOUGLOF)

イチゴ、トマト、くるみ味など10種類以上ありました。甘いものより、トマト味系のもののほうが個人的には美味しかったです。後で知ったのですが、ル・シャンバール(Le Chambard)のオリヴィエさんが経営しているそうです。

KOUGLOF
50 Rue du Général de Gaulle
68240 Kaysersberg
Tél : 03 89 78 22 73

|

2009-02-26

フランスのショコラ発祥の町、バイヨンヌの老舗ショコラティエ、ダラナーツ(Daranatz)

バイヨンヌは、生ハムの他にフランスにおけるショコラの発祥地でもあります。
15世紀にカトリックによる異教徒排斥運動が盛んになって、ユダヤ人はスペインからバイヨンヌに逃げてきたそうです。そこで彼らが広めたのがチョコレートだそうです(スペインはヨーロッパでのショコラの発祥地です)。
Hiver25 1854年創業の老舗ショコラ・カズナーヴ(Chocolat Cazenave)。
Hiver27中にはサロンがあって、ミルクにバニラ味の板チョコを溶かし、木の棒で泡立てた名物のくぼみのついた泡が特徴のショコラ・ムスー(Chocolat Mousseux)がいただけるそうです。
Hiver36バスクの他の町でもよく見かけたパティスリー・パリエ(Paries)
Hiver35_2中に何も挟まれていないしっとりしたマカロン、ムシュー(Mouchous)が有名です。
Hiver34今回のお目当ては、1890年創業のダラナーツ(Daranatz)。
Hiver30

Hiver31店内は、赤い絨毯、鏡張りの壁、天井にはシャンデリアという、古き良き時代といった趣のクラシカルで高級感のある雰囲気です。

パイヨンヌのショコラは、一見すると、パリの宝石のようなショコラに比べてショコラに艶もないしすごく地味です。

ただ、艶がないのは1世紀以上も昔のレシピを忠実に守っているからで、ショコラのクオリティが悪いためでも、ショコラティエの技術が悪いためでもないそうです(昔のレシピは、今のショコラよりもコク出しの油脂分が少量なため、控え目な光沢になるそうです)。
Hiver33
Hiver29バイヨンヌ発祥のハーブリキュール、イザラ
Hiver28今回購入したのは、カラフルなパッケージにつつまれた板チョコ。

今の時代でも昔と変わらず、カカオ豆の状態からショコラをきちんと手作りしているそうです。(フランスのショコラティエでカカオ豆の状態からショコラを作っているところは殆どないそうです)。

カカオ72%と、しっかりとカカオが利いたショコラに加え、色々なフレーバーのショコラがあります。
迷ってしまいましたが、今回はカカオ豆のかけらが散りばめられている「Eclats de fèves de cacao」とエスプレット村の赤とうがらし入りのものを購入しました。

濃厚でとろけるような今流行りのショコラに慣れていると、この直球勝負の素朴なショコラは新鮮でしたし、新鮮だけでなく今まで感じたことのないほどのカカオ豆の香りを堪能できました。

ショコラは元来薬局で売っていた健康食品だったということを初めて深く納得できるような、元気が沸いてくる、そしてすごく美味しいショコラでした。

ショコラ・カズナーヴ(Chocolat Cazenave)
19, Arceaux Port Neuf
64100 Bayonne

ダラナーツ(Daranatz)
15, Arceaux Port Neuf
64100 Bayonne

|

2009-02-23

ボルドーのカヌレの有名店・アントワーヌ(Antoine)

Hiver320ボルドー市内で地元の名物であるカヌレが一番美味しいといわれているお店が、このアントワーヌ(Antoine)です。

銅製のカヌレ型に蜜蝋を塗って焼く伝統的な作りかたをしているそうです。なので、毎日150個しか作れないそうなので、早めに行きました(午後には売り切れているそうです)。
入口が二つあって、ケーキやカヌレは、
Hiver326向かって左側のドアから入ったほうがケーキ売り場は近いです。
Hiver321ケーキも美味しそう。
Hiver322
Hiver325
Hiver323マカロンも。
Hiver324 これが噂のカヌレ
日本でも一時ブームになりましたが、そのときはそんなに美味しいと思わなかったのですが、こちらに来てからフランスやベルギーでもカヌレを食する機会が増え、美味しいと思うようになりました。

噂にたがわず、アントワーヌのカヌレは、外のカリカリした食感とカスタード風味のしっとりしたもちもち感のコントラストが素晴らしく、風味豊かで大変美味しいカヌレでした。

アントワーヌ(Antoine)
19, Cours Portal
33000 Bordeaux
Tél : 05.56.81.43.19
営業時間 : 月~土: 8:00 ~ 20:00、日: 7:30~19:00

|

2009-02-21

世界遺産・月の港、ボルドーのランタンダン(L'INTENDANT)・カディオ・バディ(Cadiot-Badie)

Hiver288_2もうすぐボルドーです。
Hiver289ボルドーに到着。大きな街なので、かなり混雑しています。
Hiver290ボルドー月の港・ボルドーとして、2007年に世界遺産に登録されました。

月の港
とは、かつての栄華の跡(主にイギリスへのワイン貿易で経済発展を遂げ、18世紀に著名な建築家達にによって大規模に改造されました)を残す美しい建築が立ち並ぶ歴史地区のことで、市の中央を流れるガロンヌ川にそって町が三日月形に婉曲していることに由来するそうです。
Hiver291_2ワインショップに向かいます。
Hiver292ランタンダン(L'INTENDANT)。間口は狭いですが、
Hiver293中に入ると吹き抜けの螺旋階段があり、その周りの棚にワインが並んでいます。
Hiver294200の銘柄にヴィンテージワインを加えると500種類のワインを揃えているそうです。
Hiver296
Hiver295
Hiver297階段の最後は行き止まりになっていました。
Hiver298Chateau Mouton Rothschild 1981(310ユーロ)
Hiver299Chateau Mouton Rothschild 2004 (220ユーロ)。

日本への発送も可能だそうです。ハーフワインも比較的扱っていて、気になったものを何本か買いました。螺旋階段の珍しさで観光客が多いからでしょうか、店員さんの応対は残念ながら感心出来るものではなかったです。
Hiver300 ランタンダンと同じ通りにある地元御用達の1826年創業のカディオ・バディ(Cadiot-Badie)
Hiver301
Hiver302
Hiver303
Hiver305
Hiver304写真はありませんが、トリュフ・ド・ボルドーという、ボルドーの蒸留酒に漬け込んだレーズンをガナシュで包み込んだものも有名だそうです。
Hiver306ホテルに向かいます。









ランタンダン(L'INTENDANT)
2, Allees de Tourny
33000 Bordeaux
Tel: 05 56 48 01 29

カディオ・バディ(Cadiot-Badie)
26, Allees de Tourny
33000 Bordeaux
Tel: 05 56 44 24 22

|