トスカーナ

2009-09-11

トスカーナの休日③陸の孤島ヴォルテッラから塔の町サン・ジミニャーノへ

Ete455ボルゲリ村からサン・ジミニャーノに行くまでに通り道なので、ヴォルテッラを車で通ります。
Ete456今回のトスカーナ旅行ではトスカーナドライブのメインの道を通ったのですが、このように土の部分が多い景色が多く、少しがっかりしました(たまたまだったのかもしれませんが)。
Ete457ひまわり畑。
Ete458ヴォルテッラが見えてきました。周囲は見渡す限り緑のなだらかな丘です。イギリスの作家D.H.ロレンスは、ヴォルテッラの町を“陸の孤島”とエッセイに書いています。
Ete4593000年の歴史のあるヴォルテッラの町。
Ete460村の手前の大きなスーパー。
Ete462
Ete463白トリュフが近くでとれるそうなので、11月頃に白トリュフ祭りがあるそうです。
Ete465サン・ジミニャーノに向かいます。
Ete467
Ete468
Ete471町の入口、サン・ジョヴァンニの門。
Ete472門をくぐると、町のメインストリート、石畳が美しいサン・ジョヴァンニ通り。
Ete474中世を思わせる街並みが続きます。
Ete475お土産物屋さんが立ち並びますが、落ち着いた佇まいのお店が多く、好ましいです。
Ete476塔が見えています。サン・ジミミャーノは中世の塔の町と言われています。13世紀に貴族がその権力の象徴として競い合って建てられた塔が沢山残っています。
Ete478
Ete485町の中心、チステルナ広場。広場の名前は、広場中央にある13世紀の井戸(チステルナ)に由来しています。
Ete482広場の周りは、12~13世紀の塔や建物に囲まれています。
Ete481中世の雰囲気がそのまま残っています。
Ete479
Ete480ジェラート屋さん。
Ete484
Ete483参事会教会と呼ばれているドゥオーモ。
Ete491
Ete486ドゥオーモ広場の塔。
Ete488少し道をそれると静かな佇まい。
Ete493
Ete494
Ete495

Ete496
Ete497
Ete498
Ete499町を出る頃には、観光客が押し寄せてきました。
Ete501現在14の塔が残っているそうですが、最盛期には72の塔があったそうです。
Ete502
Ete504モンテプルチャーノに向かいます。

|

2009-09-10

トスカーナの休日②サッシカイア、オルネッライアなどのスーパータスカン誕生の地!ボルゲリ村へ

Ete362サシカイアオルネッライアなどの“スーパータスカン(スーパートスカーナ)*”誕生の地、ボルゲリ村に向かいます。

ボルゲリ村を一躍有名にしたのがサッシカイアです。サッシカイアの生みの親、ボルゲリの領主だったゲラルデスカ家の末裔、マリオ・インチーザ・デッラ・ロッケッタ侯爵が、1944年、シャトー・ラフィットから手に入れたカベルネの穂木をボルゲリの丘陵地に植えたことに始まります。

しかし市場に出せるようなものは造れず、長い間自家用として消費されていましたが、アンティノリの醸造責任者であった甥のジャコモ・タキス(アンティノリのティニャネッロソライアも携わっています)とボルドー大学教授のエミール・ペイノーの力を借りて、旧き良きボルドーを目標にして品質を高め、1968年ヴィンテージを市場に送り出し、世界で話題になります。

そして英国デカンター誌のブラインド試飲で、1972年のサッシカイアがボルドーの一級シャトーに勝ち、その名声が世界中に轟き、サッシカイアの伝説が始まります。

ボルゲリ村はボルドーの品種に向いた土地、という評価が高まると共に、新しい生産者がやってきて、グラッタマッコオルネッライアパレオカマルカンダなど、その後も数々の銘酒を次々と誕生させ、ボルゲリは高級イタリアワインの代名詞となります。

グラッタマッコ・ロッソは少量のサンジョヴェーゼをブレンドしていますが、ボルゲリの赤ワインはそのほとんどが、カベルネやメルロ主体のボルドーブレンドです。

*スーパータスカン(スーパートスカーナ)とは

イタリアの非常に厳しく、また細かに規定されたワインに関する法律(イタリアのワインの格付けはワイン法(1963年)に基づき規定されており、上位からDOCG・DOC・IGT・VdTに分類されます)や伝統にとらわれることなく、自由に、ただ美味しさを追求して造られたワイン。

このようなワインの真の実力を認めた英語圏のワインライターたちは、普通のVdT(テーブルワイン)やIGT(地酒みたいなカテゴリー)とは区別して、DOCやDOCGの資格こそ持ち合わせていないが、クラッシックなトスカーナの赤ワインを凌ぐワインとしてトスカーナを超えた “スーパータスカン(スーパートスカーナ)”と呼び、生産者の信念と情熱を持って究極の逸品として生み出されたスーパータスカンは、世界中のワインファンから絶賛され熱望されます。

1994年には法律が後追いする形でイタリア政府は、ボルゲリDOCを見直し、新たに赤ワインを加える(1984年にボルゲリDOCが制定されましたが、白ワインとロゼだけで赤ワインは除外されていました)と同時にボルゲリ・サッシカイアDOCを制定しました。

また初期における典型的なスーパータスカンは、カベルネ・メルロなどフランス系品種を用いたものが殆どでしたが、現在の優れたスーパータスカンの大半は、イタリアの固有品種であるサンジョヴェーゼをベースにしているものが多くなっています。
Ete363きのこのような並木道。
Ete364ボルゲリ村まであと5キロ。
Ete365ボルゲリ村まで5キロ近くの糸杉並木を走ります。
Ete366ボルゲリ村に到着。
Ete367村の手前で車を停めます。
Ete415
Ete371
Ete431村の周りに沢山咲いている
Ete432オレンジのブーゲンビリアが綺麗です。
Ete427村に入ります。
Ete425
Ete428ボルゲリ村の教会。
Ete375世界的に有名な村ですが、小さく可憐な村です。
Ete385
Ete383
Ete372食材・お土産物屋さん。
Ete373
Ete377キャンディのようなパスタ。
Ete426
Ete422レストラン。
Ete382
Ete423
Ete386看板も手書き風で可愛らしい。
Ete418
Ete392シンメトリーではない花の飾り方はフランスではあまりみかけないものです。
Ete391トスカーナのインテリアのお店ヴィラ・トスカーナ
Ete388
Ete389
Ete390
Ete420
Ete416スーパータスカンの村だけあって、小さな村には沢山のワインショップがあります。
Ete384_2
Ete419
Ete413どこを切り取っても絵になる風景。
Ete412エノテカ・ディ・トニーニ・フランチェスコ
でスーパータスカンの試飲をします。






バー・エノテカ・ディ・トニーニ・フランチェスコ(Bar Enoteca Tognoni Francesco)

Via Lauretta, 5
57020 Bolgheri
Tel:0565.762001
Ete397
Ete403Ete402ずらりとならんだスーパータスカン!
Ete409
Ete41112本入りのサッシカイア特製の木箱でしょうか?
Ete410サッシカイアのグラッパ・グラスセット
Ete393テヌータ・サン・グイド(Tenuta San Guido)サッシカイア(カベルネ・ソーヴィニヨン85%、カベルネ・フラン15%)やオルネッライア(カベルネソヴィニヨン60%、カベルネフラン20%、メルロー15%、プティヴェルド5%)。

ちなみに「SASSICAIA(サッシカイア)」の「~AIA」は「~のある場所」という意味で、サッシカイア(小石が豊富な場所)、オルネッライア(オルネーという樹のある場所)、ソライア(太陽のある場所)で3大アイアと呼ばれています。
Ete399レ・マッキオーレは、故エウジェニオ・カンポルミが1983年に設立し、メッソリオ(メルロ100%、写真右)、のスクリオ(シラー100%、写真左)
パレオ・ロッソ(カベルネ・フラン100%、下の写真)などのプレミアムワインを生産している世界に名だたるスーパー・ワイナリーです。

評価がうなぎ上りの時期、2002年7月に当主のエウジェニオ・カンポルミ亡くなった後、その後の運営が心配され多くの買収の話が出たそうですが、ご主人の遺志と情熱を引き継いだ奥さんが名声を守り、そして更に高め、2004年のメッソリオはワインスペクターで100点満点をとり、イタリアワインの最高位に立ちました(ちなみに同じヴィンテージのサッシカイアオルネッライアが150ユーロなのに、メッソリオは250ユーロだそうです)。  

またイタリアソムリエ協会が発行する、イタリアで数あるワイン評価誌の中でも、非常に信頼がおける1冊として知られている「ドゥエミラ・ヴィーニ」にて、レ・マッキオーレ2009年度最優秀生産者に選出されています。
Ete400レ・マッキオーレパレオ・ロッソ(カベルネ・フラン100%)とパレオ・ビアンコ(ソーヴィニヨンブラン60% シャルドネ40%)。
Ete401 ヴァルヴァラカステッロ・ディ・ボルゲリ、写真中)やレ・マッキアーレのリーズナブルなワイン、ボルゲリ・ロッソ(写真左)など。
Ete396お店の奥で試飲が出来ます。
Ete405著名なワインばかりです。
Ete4065clのグラスワインの金額と
Ete40710clの金額です。サッシカイアなどのワインがグラスワインで10ユーロ(現地の感覚では1,000円ほど)でいただけるなんて嬉しいです。
Ete395サッシカイアオルネッライアメッソリオを試飲しました。ボルゲリでは、2004、2005、2006年と素晴らしいヴィンテージが続いているそうです。
Ete408どれも美味しかったのですが、ボルゲリ村では貴族出身の造り手が多い中、レ・マッキオーレは農家出身の造り手ということで、お気に入りのブルゴーニュの造り手を彷彿とさせた(ボルドーは貴族とブルジョワジーのワインとすれば、ブルゴーニュは修道士と農民のワインと言われています)メッソリオ(2003)を購入しました。
Ete435ボルゲリ村を出て、行きに通り過ぎたテヌータ・サン・グイド(サッシカイアの造り手)に向かいます。
Ete436テヌータ・サン・グイド
Ete437サッシカイアのマークも!

Ete442建物の裏手。
Ete438世界的に有名な造り手とは思えない、可憐な庭です。
Ete446看板には“ワイン街道”と書かれてあります。もっと目立つところにこのような看板を多く掲示してくれるとドライブがもっと楽しくなるのですが、控え目な看板はそれはそれで好もしく感じられます。
Ete439
Ete441
Ete440この奥にオステリア(気軽なレストラン)兼エノテカがあって試飲できるそうです。行った時間には閉まっていました。




Osteria San Guido(オステリア・サングイド)
 
Strada Provinciale San Guido
Bolgheri frazione di Castagneto Carducci (LI)
TEL:0577.7301
Ete449サッシカイアの醸造所は、
Ete448向かいにあります。
Ete450
Ete444
Ete453ブドウ畑を少し回ってから、次の目的地に向かいます。

|

2009-09-09

トスカーナの休日①海と山の幸を楽しめるリヴォルノの“アグリツーリズモ”へ

Ete332パヴィアからトスカーナリヴォルノアグリツーリズモに到着。

トスカーナでは3泊しましたが、ホテルではなくアグリツーリズモに宿泊しました。

もともとアグリツーリズモは、農場や農家を宿泊施設に改装したものですが、現在では田舎にある宿、自然と触れ合える宿という意味あいで使われることが多いようです。一言でアグリツーリズモと言っても、もともとの意味の農場を改装したもの、昔の貴族の館などを改装したもの、ロカンダといって宿とレストランが一緒になった家庭的な宿、色々とあるそうです。

1泊目はトスカーナでも海に近い場所なので、海、山のものをいただけるレストランがある宿に泊まりました。松林や杉林に囲まれた静かな場所(リヴォルノのドノラーティコ、フィレンツェから車で2時間弱)にあります。
Ete357建物は約250年前に建てられたもの。昔は馬車置き場だったそうです。
Ete346
Ete347レストランが併設されていて、ホテルを出て通りを越えたすぐのところにあります。
Ete345レストラン“アンティーカ・オステリア・デル・バンボロ”
Ete342このレストランの自慢は、新鮮な魚と旬の食材をあまり手をかけないで料理することだそうです。海辺のレストランのようなテーブルでリゾート感を味わえます。
Ete335オリーブオイルにもこだわっているようで、色々な種類がありました。ここリヴォルノもオリーブの産地で、フルーティさが特徴だそうです。
Ete336ソムリエに勧めていただいボルゲリのライジングスターの造り手、ミケーレ・サッタ(Michele Satta)の白ワイン(リグーリア、トスカーナ、サルディーニャ州の品種ヴェルメンティーノ65%、ソーヴィニヨン35%)。
Ete334メニューはどれも選びたくなるような楽しいものでした。英語、フランス語、ドイツ語でも表記されています。ちなみにドイツ人はトスカーナ地方が好きだそうで、トスカーナの旅行中、いたるところにドイツ語の表示を見かけました。
Ete339カルパッチョの盛り合わせ。下に敷いてあるサラダを含め、量の多さが嬉しいです。
Ete341_2食材が美味しい!
Ete340海の幸のリゾット。
Ete338山の幸から、猪のラグーのパッパルデッレ。お料理はどれも美味しく、大満足でした。
Ete343お腹いっぱいだったのですが、お料理が美味しくてつい頼んでしまいました。
Ete344大満足なディナーでした。

(本日の走行距離:470km)
Ete348翌朝、ビュッフェスタイルの朝食をいただいて、
Ete349
Ete352
Ete350
Ete351

Ete353ホテルの周りを散策します。
Ete354
Ete356長期滞在者が多いので、子供が遊べるものや
Ete355プールもあります。
Ete358昨日の美味しかったレストランに別れを告げて、
Ete360ーパー・タスカンサッシカイアを生んだボルゲリ村に向かいます。






ホテル・レジデンス・イル・バンボロ(Hotel Residence Il Bambolo)  
Via Bambolo, 31
57024 Donoratico Livorno
Tel: (39) 0564 775206

|